PIN-Hi SHOOTER

さらに速く。さらに正確に。

shadowed_transparent

SLOPE4

高低差があっても、迷わず攻める

  • スロープ機能を搭載し、高低差に対応した高機能モデル。目標までの直線距離に加えて高低差と水平距離を表示することで、起伏のあるコースも正確に立体的に捉えることが可能に。
  • 正確にピンを捉えるピンサーチ機能も搭載。細かい対象物でも、確実に捉えて距離を計測します。
  • 最大400ヤードまで、誤差わずか±1ヤードの精度で計測可能。

ATHLETE4

今秋発売予定

いますぐ「迷いのないゴルフ」を体験する

レーザー距離計、解禁。

2019年1月1日から新しいゴルフルールが施行されます。新しいルールは、プレー時間の短縮や競技人口の増加を目的に、より分かりやすく簡素化され、プレーの制限や罰則が緩和されています。新ルールでは、ゴルフプレー時の距離計測機器の使用が認められ2点間の距離を計測できるようになります。プロのトーナメントでの使用はもちろん、一般アマチュアゴルファーもプレー時のレーザー距離計の使用が常識になります。

もう打つべき距離を間違えない。

slope_function

高低差と水平距離を正確に表示するスロープ機能

打ち上げや打ち下ろしの場面では、直線距離だけで判断するとナイスショットがミスショットになってしまうことが多々あります。SLOPE4に搭載されているスロープ機能は、目標までの直線距離に加えて高低差と水平距離を表示し、起伏のあるコースも正確に立体的に捉えることを可能にします。

小さなターゲットも逃さない。

d4e6e63d1793cfb86062012ad84a478f

正確にピンフラッグを捉えるピンサーチ機能

ピンなど細かい対象物までの距離を測定する際、手ブレや風の影響で、目標にファインダーのマークを正確に合わせることは困難です。PIN-Hi SHOOTERに搭載されているピンサーチ機能は、計測中に手ブレなどで目標物とその背景にある物を対象としてしまっても、前方にある物を優先してターゲッティングし、最も近い目標との距離を表示します。

いますぐ「迷いのないゴルフ」を体験する

コースを立体的に把握して攻略

layer-0

フェアウェイ上の目標ポイントまでの距離、バンカーや池などのハザードまでの距離、コースの高低差などの情報を得て、コースを立体的に把握することが可能に。ピンサーチ機能でピンまでの距離・高低差を正確に知り、心に余裕を持ちながらアプローチできます。

FAQ

Q)レーザー距離計とはなんですか?

A)目標物に目には見えないレーザー光を照射し、その反射光を分析し正確に距離を測るものです。ゴルフにおいては、直接目視できる最大計測距離までにある対象物を計測できます。

Q)最大計測距離はいつでも計測可能ですか?

A)最大計測距離は一定のテスト環境によって安定して計測可能な距離です。小さいもの、動くもの、色の暗いものなどは測りにくく、天候(雨や霧やもや、強い日光)によっても最大計測距離は短くなります。

Q)電池はどのくらい持ちますか?

A)CR2電池を使用します。使用状況にもよりますが、通常、数千回~数万回の計測が可能です。

Q)ゴルフルールで距離計の使用についてはどのようになっていますか?

A)2019年1月から、原則、レーザー距離計の使用が公式に認めれることになりました。このルール改定は世界的なもので、日本でもJGA(日本ゴルフ協会)がすでに新ルール案を公開しています。

新しいルールでは、2点間の距離を測ることは認められていますが、高低差や風などの計測や打つべきクラブのアドバイス機能などの使用は認めれていません。

当面、高低差機能付きのレーザー距離計など、2点間の距離以外の計測等の機能を持っている機器でも違反する機能を使用しなければ問題ないとのルール運用になると見られています。(旧ルールにおいても、スマートホン等多機能を有するデバイスの距離計測機能の使用を認めているため)

公式競技ではPIN-Hi SHOOTERの直線距離専用モデルを使用するか、スロープ機能(高低差計測機能)付きモデルでは直線距離専用のモードを選択して使用します。

詳しくは、競技委員等が定めるローカルルールをご確認ください。

いますぐ「迷いのないゴルフ」を体験する